「イニョプの道」は、朝鮮王朝時代に

身分の高い家に育った娘が父親が

罪に問われてしまったために、

下女の立場に転落してしまう

という物語です。

 

韓国版「小公女セイラ」という

感じですね

 

2018年には衛星放送で日本で初めて

放送されました。

 

U-NEXTでは20話全話見放題作品

になっていますので一気に見ることも

できます。

 

U-NEXTはこちら!

 

この記事では「イニョプの道」第1話

のあらすじ、ネタバレと感想について

紹介していきたいと思います。

 

イニョプの道 第一話
のあらすじ

 

追われる女性

雪の中、若い女性が歩いていました。

裸足でした。後ろにいた男がわらじを

差し出します。

自分で歩かないなら縄で引きますよ!

女性は逃げ出しました。しかしすぐに男

の放った縄で縛られてしまいます。

 

女性は悲鳴を上げました。

そして男は女性を縛り上げました。

女性は男をののしります。

お前たちは人間なのか?私が

落ちぶれたとたんに態度を変えて、

昨日まで媚びていたのに今日は

唾を吐くなんて!

獣のような人たちだ!と

 

男は答えます。

私たちは人間ではありません。

お嬢様ももはや人ではなく

奴婢なのです!

 

若い女性はその言葉と現実を

受け入れることができず、川に

身を投げてしまうのでした。

 

はんちゃんはんちゃん

その若い女性こそがこの物語の
主人公イニョプなのでした。

 

イニョプの日常

時間はさかのぼります。

 

時は朝鮮王朝第3代、太宋(テジュン)

の時代、イニョプは父親クク・ユが

王の功臣であったために、両班という

非常に高い身分でした。

多くの召使を家に抱えて、何不自由ない

裕福な生活をしていました。

 

はんちゃんはんちゃん

それゆえにプライドも高く贅沢が
当たり前のわがまま娘なんです。

 

主演のイニョプはチェン・ユミさんという

女優なのですが、顔は竹内結子にちょっと

似ていますね。

 

イニョプは侍女のサウォルから渡された

花を見て喜んでいました。

それは許嫁のウンギから送られたものでした。

 

イニョプは朝から準備に追われていました。

父クク・ユの友人であるホ・ウンチャムの

誕生日の宴に行くのです。

でも誕生日に宴に駆けつけるのは表向きの

目的であり、使者としてハムンに向かった

父のことを聞き出そうと思っていました。

 

イニョプはとにかく贅沢でした。

自分が乗るための輿を漆が剥げていると

いうだけで取り替えさせます。

結局屋敷にあるすべての輿を持って

こさせますがすべて気に入らないと

言い出します。

結局お金を払って綺麗な輿を借り

てくるよう命じました。

 

ウンチャムの屋敷
の召使たち

ホ・ウンチャムの屋敷では多くの

召使が宴の準備で大騒ぎになって

いました。

 

たださぼっているものもいました。

召使のタンジとトクセは逢引きを

楽しんでいたのです。

トクセはタンジに高価な指輪を

渡そうとしますが、タンジは自分は

遊女ではないと怒って突き返します。

指輪はどこかに飛んで行ってしまいました。

 

タンジは厨房に戻り、他の召使たちと

一緒に料理の準備をします。

下女頭のヘサンが厨房にやってきて

見張ります。タンジはさぼっていたの

がばれないかとひやひやします。

タンジはにおいを怪しまれてしまいました。

 

ユンとユノク

ウンチャムの妻、ユンとその娘

ユンクは部屋に招かれた女性と話を

していました。

今日ユンクの花婿候補が来ることに

なっていたのです。

花婿候補の男は学業も非常に優秀で

前途多望だし顔もハンサム、さらには

お金持ちという話を聞いて母娘は満足げでした。

 

娘のユノクは学力や財力よりも

一番大事なのは人柄だと言うのでした。

 

はんちゃんはんちゃん

本音かわかりませんけどね!

 

ユノクはあちこちから縁談が

来ていました。

 

脱線しますが、このユンク、

AKB48の柏木由紀にちょっと似てますね。

 

ハンとムミョン

キム・キグォンというホ・ウンチャム

と同格の家の妻、ハンがウンチャムの

家の下人、ムミョンと部屋で話しています。

 

このムミョン(オ・ジホ)こそが

この物語の冒頭でイニョプを追って

いた男でした。

 

ハンは美男子であるムミョンを気に入って

自分の家の召使にしたいと思っていました。

 

ちなみにこのムミョン、岡田准一と

真田広之を足して2で割ったような

美男ですね。

 

ムミョンは自分に何をくれるのか

と尋ねるとハンは高価な髪飾りを

渡そうとします。

ですが、ムミョンはそのような

施しを受けるのを拒否します。

 

さらに迫るハンでしたが、

若様が戻ったとの召使の声を聴いて

ムミョンを開放するのでした。

 

ムミョンが屋敷を出て去ろうとすると

ハンの息子のウンギが呼び止めます。

ムミョンがウンチャムの家の下男だと

知ると下男のくせに母屋に近づくなと

命令します。

 

はんちゃんはんちゃん

ムミョンは呼び出されたから
行っただけなんですけどね。

 

ウンギは母親のハンに母屋にたびたび

下男を近づけないようにと忠告します。

そんなウンギにウンチャムの屋敷に

お前の花嫁候補も来ているのだから

行くようにと言います。

 

ウンギは自分には許嫁がいるのだから

と断ろうとしますが

(実はそれはイニョプなのですが)

そんな子供の時の約束など関係ないと

ハンは取り合いませんでした。

それにあの家はもう終わりだ!

とハンは言うのでした。

 

イニョプとムミョンの
出会い

 

イニョプは召使たちの運ぶ輿

に乗ってウンチャムの屋敷に

向かっていました。

 

そこにムミョンが通りかかります。

 

そこに逃げた牛が突進してきます!

 

周りの人たちは大パニックに陥ります。

 

イニョプも輿を出て、避難しようと

しますが、目の前に牛が!

そこにムミョンが飛び出してきて

イニョプを抱きかかえて牛を避けました。

結果的に地べたでムミョンと抱き合うことに

なったイニョプはムミョンをひっぱたきます。

 

はんちゃんはんちゃん

助けてもらったのにひどいですね!

 

ですが輿は壊れてしまいました。

他の輿を取りに行く時間もありません。

 

ムミョンは立ち去ろうとしますが、

イニョプの侍女が輿を持つように

と頼みます。

ムミョンは断ろうとしますが、行き先が

ウンチャムの屋敷だと知り

イニョプの輿を運ぶように頼みます。

 

ムミョンは近いのだから歩いては?

とはじめは提案しますが、プライドの

高いイニョプは怒ります。

下男のくせに両班のしかも功臣クク・ユ

の娘だとわかっているのか!

と怒るのです。

 

はんちゃんはんちゃん

冒頭のやり取りと対照的ですね!

 

それに加えて、イニョプの召使

たちがお嬢様を歩かせるぐらいなら

死んで詫びようと言い出す始末でした。

 

ムミョンは観念してケガして輿を

運べない召使を帰らせて自分が輿を

運ぶのを手伝いました。

 

タンジの思い

ウンチャムの家では新しく雇われた

召使たちが下女頭のヘサンに教育

を受けているところでした。

 

下女のタンジは先ほど食料をこっそり

あげたトクホが花を渡そうとすると

断りました。

私はあなたと助け合いたいだけで、

恋人になるつもりはないのだ!と

 

はんちゃんはんちゃん

タンジは下男と付き合う気なんか
なかったんです!

 

「だから若旦那様の慰み者になる

のか?」とトクホに言われてカッときて

トクホをひっぱたくのでした。

 

そして、先ほど行方不明になった

指輪を見つけ出しました。

 

そのころ朝鮮大王は?

そのころ朝鮮大王の太宗は臣下を

集めて話をしていました。

「何度使者を父上に送っても殺されてしまう。

頼みの綱のクク・ユすらも帰ってこない!

私が行くしかないだろう!」と

ホ・ウンチャムが王様が行けば内戦に

なると止めようとします。

ウンチャムはたとえ自分がこの場で

殺されてでも王を止めようとしていたのです。

 

それならばお前が代わりに父上に

会いに行くのか?と王に聞かれて

自分の職を解いてくれれば、

会いに行くとウンチャムは答えます。

 

大王は父親が自分を王座から

引きずり降ろそうとしていると

怯えていました。

 

太祖とクク・ユは?

そのころ、その父上である太祖は

イニョプの父親クク・ユと一緒でした。

太祖は自分と親しいクク・ユが使者と

してやってきたのが気に入らないのでした。

 

クク・ユは剣を持った兵士に囲まれます。

太祖はクク・ユに尋ねます。

そなたは誰の臣下だ!

私は朝鮮の臣下です!と

クク・ユは答えます。

クク・ユは親子の不仲のせいで

民心が離れていると訴えますが

太祖は聞き入れませんでした。

 

はんちゃんはんちゃん

これでクク・ユの運命は決まって
しまったのでした。

韓流ドラマ VOD 無料視聴

旅芸人たち

ウンチャムの屋敷では、旅芸人が

芸を見せていました。

それはウンチャムの誕生日を祝う

キム・キグォンの用意したものでした。

 

ウンチャムは王様の機嫌が悪いのに

このような宴をするのはまずいのでは?

と心配していました。

キム・キグォンはそれを聞いてやめさ

せようとしますが、

自分に視線を送りながら踊るその

芸人の中の女性を見て「まあお客様も

喜んでるから」とそのまま続けさせました。

 

ウンチャムも見とれたその女性は

カヒアと言いました。

屋敷に訪れた客人たちもみんカヒア

の美貌のとりこになっていました。

そこにはウンギの姿もありました。

 

イニョプが屋敷のウンチャムのいる

ところに行くとそこにムミョンが

立っていました。

イニョプはウンチャムに会いにきたから

取り次ぐようにとムミョンに伝えます。

 

イニョプは自分の父親が生死が不明な

状態でよく宴を楽しんでいるなと

心を痛めていました。

イニョプはムミョンのそばを通り

宴の最中にウンチャムのところに

入ってきます。

 

イニョプはウンチャムにお祝いの

品を届けに行きます。目上の人間の

宴を中断して入ってくるとはけしからん

とキム・キグォンは怒りますが

ウンチャムがそれを止めます。

イニョプは名乗り、祝いの品を

ウンチャムに渡すのでした。

 

イニョプは100日を過ぎても父親が

帰ってこず便りもないことで気が気で

ないことを伝えます。

 

ウンチャムは王様も気にかけているから

何かわかったら知らせると約束して

くれたのでした。

 

それまでプライド高くて嫌な女に

しか見えないイニョプが気の毒に

思えるシーンですね!

 

ウンチャムの妻、ユンが厨房で

下人たちを見張っていました。

そこに義理の娘のカンがやってきます。

 

カンは外しておいた指輪がなくなったので

家に来ている妓生と下女の持ち物検査を

するようにとユンに頼みます。

 

はんちゃんはんちゃん

さっきタンジがもらった指輪ですね。

 

そんな度胸のある下女はいないと

下女が訴えます。

 

ユンクの花婿は?

イニョプが帰ろうとすると、ユノク

がやってきて引き止めます。

 

はんちゃんはんちゃん

この2人は友人だったのです。

 

イニョプは贈り物だけ渡して帰る

つもりだったのですが、ユンクに

呼び止められて話をしていくことに

しました。

 

ユンクは自分に花婿ができたことを

伝えます。イニョプに会わせたいと

言うので会ってみると

なんとそれはイニョプの許嫁の

ウンギだったのです。

 

イニョプは自分の知り合いとよく

似てるわ!と嫌味を言います。

 

ウンギは自分がイニョプの許嫁だと

ユンクに説明します。

 

ウンギはイニョプと二人で話し、

手違いがあったが、ちゃんと解決する

と説明します。

 

イニョプは父親の消息を知りたくて

騒動を起こしたことを告白します。

ウンギは力になれなくて悪いと

詫びます。

そしてイニョプを優しく

抱きしめるのでした。

 

下女を問い詰めるユンク

一方、ユンクは下女二人を呼び

出していました。下人はとうにうわさ

でこのことを知っていたのだろうと

問い詰めます。

 

はんちゃんはんちゃん

下女の一人はタンジでした。

 

下女はイニョプとウンギが幼いころ

からの仲だとまで知っていました。

ユンクはそこまで知りながら、自分に

だまっていたことで怒っていました。

 

カヒアとムミョン

妓生のカヒアは下男のムミョンと会って

話をしていました。

実はこの2人は知り合いだったのです。

 

カヒアはムミョンに会えてうれしいのだと

伝えます。

カヒアは下男なんかやめて自分と組まないか?

とムミョンに提案します。

私たちの縁はもう終わったはずだと

断るムミョンはそのまま立ち去りました。

 

イニョプの陰口を
たたく2人

ウンチャムの義理の娘、カンはイニョプ

が宴の最中に入ってきたことを報告します。

ユンは生意気な娘だ!と怒ります。

まだイニョプがユンクの部屋にいることを

知るとユンはそこに向かいます。

 

はんちゃんはんちゃん

ちなみにこのユン、
吉田羊さんに似てますね。

 

イニョプとユノクはすっかり仲直り

していました。ユノクはイニョプと

ウンギの仲を割く気はないと

イニョプを安心させるのでした。

 

そのころ下女たちは二人が喧嘩に

なるのでは?と心配していました。

 

そこにユンとカンがやってきます。

 

ユンクはイニョプの父親、クク・ユ

は亡くなってるかもしれないから早く

お嫁に行ったほうが良いといいます。

 

はんちゃんはんちゃん

ユンクは全然悪気はなかったのです。

 

そんなことを誰が言ってるんだ

とイニョプは怒ります。

 

私です!と言いながらそこに

ユンが現れます。

 

100日も帰ってこず連絡も来ない

のだからそう考えるのが自然だ!

とユンは追い打ちをかけます。

 

イニョプは言い返さず、宴を

邪魔した非礼を詫び、その場を去ります。

 

イニョプがウンチャムの屋敷から出て

帰ろうとすると、靴が見当たりません。

外で待っていたタンジが綺麗だからと

ちょっと借りて履いていたのでした。

イニョプは怒り、侍女が履いた靴なんか

履けないから捨てなさいと命令します。

 

それでは輿までどうやって歩くのかと

侍女に聞かれ、輿をここまで持って

来いと命令をします。

 

それはできないといいながら

ムミョンが現れます。

 

しかし早く輿を持って来いと

イニョピは聞きませんでした。

 

ユンクが靴を貸すというのも

ムミョンが背負うのもイニョピは

拒否します。

 

ムミョンが地面に絹でも引きましょうか

と提案するとイニョピはそうねと

うなずくのでした。

韓流ドラマ VOD 無料視聴

イニョプの道 第一話
の感想

 

以上がイニョプの道 第一話の

あらすじです。

イニョプ性格悪すぎ!プライド高すぎ!

痛い目にあって人生勉強してくれ!

と思ってしまいますね。

 

「もっと1円の重みや人の痛みをわかる

人間になれ!この女!」って感じです。

 

顔は竹内結子みたいで綺麗なんですけどね!

 

これからイニョプは自分が見下していた

召使の立場に転落するのです。

 

転落して挫折を味わって、最後には

お金のありがたみや人の痛みを理解

できる思いやりのある優しい人間に

成長することを期待したいですね。

 

そしてカヒアと話していた様子からして

ムミョンはいったい何者なのでしょうか?

どう見てもただの下人ではないですね。

 

それもこの先の話で明らかになっていきますね。

 

正直韓流ドラマって主演女優があまり

可愛くないし、ストーリーも単純明快ってものが

多い気がしますが、イニョプの道は主演女優

可愛いし、ストーリーも結構伏線とかあって

続きが気になる展開になってますね!

 

話題作だからといって見ても、韓流ドラマ

って私の好みにそこまで合わないのか

がっかりすることよくありますけど、

これは正直第二話以降も見たい!って

思った作品でした。