この記事ではパク・ボヨン主演ドラマ

「力の強い女 ト・ボンスン」

(パク・ボヨン主演)第7話の

あらすじネタバレについて書いていきます。

 

パク・ボヨンさんは1990年生まれ、

身長158センチメートルの小柄で

可愛らしい女優さんです。

 

若い女性を拉致している犯人、そして

ミョンシク(パク・ヒョンシク)を狙って

いる犯人と二つの事件が進行中。

ミョンシクはボンスン(パク・ボヨン)

のことが気になりだしている様子。

そしてグクドゥ(ジス)の彼女ヒジは

ボンギになぜかアプローチを・・・

ヤクザたちはボンスンに仕返しを?

と色々気になる要素がありすぎて先

が気になって仕方がない展開ですね。

 

バレエ教室の校長が失踪しており、事件

の関係者かとグクドゥは疑っています。

一方、ボンスンはその犯人らしき男と

再度接触します。

 

第6話のあらすじ・ネタバレはこちら!

>>力の強い女、ト・ボンスン」第6話のあらすじ&ネタバレ、無料視聴する方法

 

「力の強い女、ト・ボンスン」
第7話のあらすじ&ネタバレ

 

ボンスン(パク・ボヨン)はすれ違った

男が病院で遭遇した犯人だと気づきました。

振り返りましたが、すでにその男の姿は

見当たりませんでした。

 

痴漢男の撃退

電車に乗りながら、近所に住んでいるのか?

鉄のような匂いがしたなどと考えていると、

電車の中で痴漢をしている男がいました。

ボンスンは男をにらみましたが、男は

見下したようにボンスンをあざ笑いました。

男は指を変な風にボンスンにねじられて

電車の中で悲鳴をあげてうずくまる羽目に

なったのでした。

ミョンシクと朝食

ボンスンはアインソフトにつくと壁に

飾られているゲームの女性キャラクター

の絵をうっとり眺めていました。

その後ろからミョンシク

(パク・ヒョンシク)が声を

かけて、朝食に誘います。

 

ボンスンは前にグクドゥにもらった

腕時計型の警報ベルを嬉しそうに

ミョンシクに見せます。

ウエアラバ?とボンスンが言うと、

ミョンシクはウエアラブルだと

訂正します。

はんちゃんはんちゃん

ボンスンは英語に弱いのです。

前にも「ストックオプション」のこと

「ストップモーション」と言ったり

してました。

ボンスンとの足相撲のせいで入院して

いたコン秘書が退院して帰ってくること

になります。

それでは自分の仕事がなくなるのかと

ボンスンは心配しますが、お前は

秘書ではなくボディガードだし席は

用意してやるから安心しろと

ミョンシクは言います。

ボンスンは今朝、犯人らしき男と

接触したことをミョンシクに報告します。

ミョンシクを狙ってるのとは別の犯人

なのですが。

ミョンシクは2人とも狙われている状態で

大丈夫なのか?誰か俺たち2人の警護を

つけるか?と心配します。

ボンスンは自分が絶対守るから大丈夫!

と言います。

それに対してミョンシクは昨日は歯をへし

折ってやるとか言ってたけど・・・

とクラブでの出来事を蒸し返しました。

ボンスンはこれからは酒を飲むなと言われ

てしまうのでした。

 

社長室にて

ミョンシクはボンスンのために社長室

にボンスンの勉強スペースを作って

ボンスンの苦手な英単語の教材を用意

してここで勉強しろと言います。

 

はんちゃんはんちゃん

完全に子ども扱いですね・・・

 

ミョンシクは今作っているゲームが

完成するまでは毎日会社にくるから

ここで勉強してろと言います。

ボンスンは自分もそのゲームを作る

企画に参加したいと言いますが、

ミョンシクは犯人を捕まえた後という

約束だとあっさり断ります。

ミョンシクのもとにたくさんの社員が

ゲームの企画の相談に訪れます。

ミョンシクは電話でも社員に色々精力的

に指示を出していました。

 

ミョンシクがまともに仕事をしている

シーンこのドラマ中で初めて描かれて

ますね。

 

ボンスンは自分も参加したいとその様子

を羨ましそうに見ていました。

 

動画の騒動

ボンスンの家のクルミ菓子の家、

相変わらず父親は店番、母親は

女友達とカフェをしています。

バレエ教室の校長が失踪したことに

ついて噂をしていました。

そこで1つの動画のことが話題になっ

ています。

なんとそれは昨晩ボンスンがクラブで

怪力で支柱を剥がして暴れた時の動画

でした。

母親はそれを見て真っ青になり、

ボンスンに電話して、怒鳴り散らします。

ボンスンもスマホで自分が暴れている

動画を見て、恥ずかしくてたまらなく

なります。

動画の中でボンスンは怪力なのは私の

せいじゃないと泣いていました。

ボンスンの姿が見えないのでミョンシクが

探すと机の下に隠れていました。

ミョンシクは動画を見ると「有名人になった

な!サインをください。」とからかいます。

ボンスンは恥ずかしくて泣いています。

ボンスンを姉貴と呼んでいた不良学生たち

もボンスンに病院送りにされた

チンピラたちもボンスンの動画を

見て騒いでいました。

ボンスンの弟のボンギもその画面を覗き

見て何をやってんだ姉さん!と思います。

 

戻ってきたコン秘書

コン秘書が社長室に戻ってきます。

まだまともに歩けないようです。

コン秘書は部屋にボンスンがいることに

気付かず、あの女はおかしい!近寄らない

方がいいとまくしたてますが、ボンスン

がいることに気付いて場は凍り付きます。

 

ミョンシクは2人で隣の部屋で秘書の

業務の引継ぎをやるようにと言います。

ボンスンとコン秘書が隣の部屋に行くと、

ミョンシクは動画をアップしていた

ポータルサイトに電話をして動画を

削除するように依頼します。

 

はんちゃんはんちゃん

ミョンシク、ボンスンのこと気遣ってるようですね。

 

ボンスンの取り合い?

そして今度はグクドゥに電話をして

ボンスンが犯人と接触したことを

知らせます。

ミョンシクは社外に居る時は護衛が必要

ではないのかと言います。

そう言われたグクドゥはたまらず、目撃者

(ボンスン)の護衛が必要だと行って

警察を抜け出しました。

ボンスンが自分に報告してこないこと

にも苛立っていました。

引継ぎを終えたボンスンはまた

ミョンシクと社長室で2人になりました。

ミョンシクが気づくとボンスンは座った

まま居眠りをしていました。

そんなボンスンの寝顔をミョンシクは

傍に座り愛おしそうに眺めていました。

そこにグクドゥがやってきます。

グクドゥが犯人の声を聴いたことをなぜ

自分に言わないんだと怒ります。

グクドゥは護衛を要請して今日会社が

終わったら自分が送ると言います。

ミョンシクは自分が送るといいます。

いやいや俺が・・・と2人は言い争います。

そこでボンスンが私のために争わないで!

と可愛く言います。

「何を勘違いしてるんだ?この女!」

と2人は思ったのか、今度は

お前が送れ!いやだお前が送れ!と

押し付け合いを始めました。

ボンスンは落ち込みました。

結局ミンヒョクがボンスンを車で

送ります。

グクドゥは犯人のものらしき車の

あり方の見当をつけ現場に別の刑事

と二人で向かいます。

監視カメラがないエリアで、車の

廃棄場があることに気づきやってきます。

廃棄場で働いている男に質問しますが

犯人の車の写真を見せても知らないと

答えます。

 

ミョンシクとボンスンはボンスンの家の

クルミ菓子の家にやってきます。

ミョンシクがパイなどを買ってお金を

払おうとするとボンスンの母親がお金

はいらないと強く断ります。

はんちゃんはんちゃん

母親はミョンシクがお気に入りのようです。

 

ヒジのアプローチ

ボンギのいる病院にヒジが治療に

やってきてボンギに会いに来ます。

そのころボンギはチンピラの兄貴と

呼ばれている男に包帯を巻いていました。

どうやらボンスンの弟がこの病院にいる

ようだとチンピラたちは話しています。

退院したらボンスンに復讐してやると

弟の目の前で話しています。

ボンギはまだ感染症が治ってないとうそ

をつきその男の口まで包帯で巻いてしま

いました。

感染すると顔が腐るとボンギが

嘘をつきチンピラたちは慌てます。

 

はじめは憎たらしかったチンピラたち

もはや哀れで可愛く見えてきました。

 

ヒジはボンギに会い、今日は当直だと

聞くと明日終わってから会おうと

言います。

先生が名医なので早く治ってしまいそ

うで残念だとヒジは言います。

ヒジの行動怪しすぎ・・・

グクドゥから今日会おうとメッセージが

来ていますが返事してないようです。

ボンギは戸惑いながらもグクドゥとは

友人だし自分の患者なので無下に断る

ことができずにいます。

 

ヒジから返事がこないことにいら立ちな

がらグクドゥはまだ車の処理場で捜査を

していました。

 

襲撃!

家に戻ったボンスンは友人と話しています。

動画を削除されたことに気付きます。

ギョンシムは動画を削除したのはミョンシク

ではないかと言いますが、ボンスンは

あいつはむしろ広めてるはずだと言います。

先日はいいやつだと言ってたのにと

ギョンシムは呆れます。

ボンスンはミョンシクがグクドゥのお尻が

セクシーだと言ってたのを思い出し、

同性にまでもてるなんてなんてライバル

が多いのだと嘆きます。

ギョンシムはチゲを作って食べようと

言います。

 

しかしチゲの材料を買いに行ったギ

ョンシムは帰り道に例の犯人に

襲われてしまいます。

 

男に暴力を振るわれるギョンシム・・・

更に鉄パイプで殴られかけたところに

ボンスンが助けに来ます。

ボンスンは鉄パイプを軽々と折ります。

そして「よくも私の友達を!」と

ボンスンが男をけ飛ばすと男は

数メートル吹っ飛ばされます。

ボンスンは買い物に行かせたことを

泣きながら謝ります。

ギョンシムはボンギの病院に運び込まれます。

怪我はしていますが命に別状はないようです。

ギョンシムは意識を取り戻し、チゲを1人で

食べたらいけない!と言います。

 

ヤクザからの提案

ボンスンの母親はクルミ菓子の店に

女性を集めて街の平和を守るために3人一組

で街のパトロールをしようと提案します。

やせてる若い子をガードしようと誰かが

いうと、太った女性が私は守ってくれな

いのかと騒ぎ出します。

うん! 私もこんなおばはん

守りたくないですw

 

そこにヤクザの親分が部下を大勢

引き連れてやってきます。

親分はペク・タク産業開発の社長、

ペク・タクだと名乗り、

自分の会社(実はヤクザ)の男たちで

街のパトロールをすると提案します。

タクの狙いはこれで町民の信頼を

勝ち取り町の再開発を進めるという

ことのようです。

タクたちが去っていくと、母親は

あれは無視して自分たちで夜10時から

町をパトロールしようと提案します。

 

ボンスンはギョンシムの付き添いで病院

にいました。

ギョンシムはボンスンのおかげで助かった

とお礼を言います。

他の被害女性たちは何の抵抗もできなかった

はずだと言います。

そこにボンスンの母親がお見舞いに来ます。

母親は物騒なのにギョンシムに買い物

に行かせたボンスンを叱ります。

 

警察のグクドゥたちの間でもギョンシム

のことで話していました。

刑事たちはなぜ犯人の男が途中で逃げ出

したのかと不思議に思いました。

グクドゥが被害者に事情を聴きに行くと

言い出ていきます。

 

ミョンシクの奇行

ミョンシクは高級そうなお菓子の店に

行きます。そして1箱のチョコレート

を購入しました。

ミョンシクは社長室に戻ると、1人で

いることに寂しさを感じました。

そこでコン秘書を呼び出し、何も

しなくていいからボンスンの座って

いたところに座っていろと命じます。

コン秘書は自分がいなくてそんなに

寂しかったのかと喜びますが、

そんなコン秘書にミョンシクは

ホワイトデーだと言ってさっき

買ったチョコレートを渡し悩ませます。

おいおい!このおっさんが

ボンスンの代わりなのかいw

 

グクドゥがやってきて

ギョンシムの元にグクドゥがやってきます。

ギョンシムはまるで同窓会みたいねと

言います。

はんちゃんはんちゃん

ボンギは双子なんでボンスンと同い年なのです。

 

グクドゥが襲われたときのことを

ギョンシムに聞きます。

ボンスンが来たところで犯人が逃げた

と聞き、なぜ逃げたのかとグクドゥが

質問します。

ギョンシムがうっかり怪力のことを話

しそうになりボンスンがギョンシムの

手を強く握ったのでギョンシムは

ボンスンが大声で叫んだのだと

ごまかします。

 

はんちゃんはんちゃん

グクドゥには怪力は秘密なのです。

 

ボンスンはうなずき、ボンギもたしかに

大声だと話を合わせます。

大声で逃げたのか?と1人首をかしげる

グクドゥ。

犯人の顔を見たかグクドゥに聞かれた

ギョンシムは犯人には顔がなかったと

答えます。

 

その犯人はボンスンに蹴られたお腹の

あたりに大けがをして包帯を巻いて

いました。

さらにはボンスンに折られたパイプ

を持ち眺めます。

そして檻にとらわれた泣き叫ぶ女性に

うるさいと言ってその鉄パイプを

投げつけました。

 

力の強い女ト・ボンスン第8話の

あらすじネタバレはこちら!

>>「力の強い女、ト・ボンスン」(パク・ボヨン主演)第8話のかなり詳しいあらすじ&ネタバレ

 

「力の強い女、ト・ボンスン」
の動画を視聴する方法は?

 

「力の強い女、ト・ボンスン」は

U-NEXTで配信されています。

無料お試しはこちら!

U-NEXTはこちら!

 

*2019年4月の配信状況です。

最新の配信状況はU-NEXT公式

サイトで確認してください。